施工事例

▶ 福井市 N様邸

福井市 N様邸

築15年のお宅です。

トップライトの軒先側のスカート部分が″なまり″製でその部分が経年劣化で、穴が開いたため部品交換です。

築15年経過した商品でしたが、交換部品がありました。

しかし、これから先もこの部品があるとは限りません。

だからこそ定期的なお家のメンテナンスは大事です。

部品の発注から納期まで1カ月も待ちましたが、その間応急処置にて凌いでいただきました。

3か所の交換で2時間ほどの作業時間で完了です。

また15年間、安心ですね。

▶ 福井市 屋根の上葺き

福井市 屋根の上葺き

屋根の塗装では、どうしようもなく
屋根を捲って葺きかえるには、大変な費用が掛かります。
捲る費用を抑え、そのまま新しい屋根を上葺きする施工法もあります。
気になる軒先部分もスッキリ納まりますよ。

立地を考え、予算を出来る限り抑え、短期間での施工が可能です。

施工前

施工前

 軒先の切断

軒先の切断

2重葺き金具取り付け

2重葺き金具取り付け

2重葺き金具

2重葺き金具

上葺き軒先状況

上葺き軒先状況

上葺き軒先納まり後

上葺き軒先納まり後

▶ 吉田郡 S様邸車庫リフォーム

吉田郡 S様邸車庫リフォーム

今回は築15年の車庫のリフーム紹介です。

窯業系のサイディングの劣化が一部にあり、窯業系サイディングの目地のシーリングの切れもあちらこちらに出てきております。
築年数から見てもメンテナンスの必要な時期になりますね。

 外壁内の通気の問題でしょうか…。
サイディングが数か所で浮き出て、落下する恐れもあり非常に危険な状態です。

元々の外壁の上から、15ミリの胴縁下地
勿論、外壁内の通気も考慮して少しでも快適な室内であるよう、
断熱性にも高く、錆の強いガルバリウム鋼板の金属系のサイディングを上張りしました。

お客様の要望通り、イメージを変えたくないとのことでしたので、
様々なメーカー商品をピックアップして、
15年前の新築時とほとんど変わりなく再現させていただきました。

同時に屋根・軒天の塗装もして、
外壁に関しては今まで以上のメンテナンスフリーな建物になりました。


▶ 越前町T様車庫リフォーム

越前町T様車庫リフォーム

外壁のリフォームです。
長尺角波に張り替えました。

▶ 福井市 T様農舎リフォーム

福井市 T様農舎リフォーム

屋根カバー工法と外壁は下地から取り替えて長尺角波で仕上げました。

施工前

施工前

▶ 最近の良く施工する外壁

最近の良く施工する外壁

屋根に使われることの多い『横葺き』ですが、最近の外壁に多く使われております。
規則正しく、並ぶラインがとても印象的です。

敦賀市Y様邸 一段AT200タイプ

敦賀市Y様邸 一段AT200タイプ

▶ 福井市K社様 店舗雨漏り改修

福井市K社様 店舗雨漏り改修

外壁の一部の腐食から、外壁の調査の依頼を受けて、調べたところ
外部からの外壁の痛みは、ほとんど見られなかったのですが、外壁を触ると長尺角波ですがフワフワ、ブヨブヨします。
内部からの錆による腐食です。
一部捲ってみると、鉄骨の下地は既にザビの影響で無く、サッシも外壁くっついているだけという状態で、風向きによっては外壁が崩壊しそうなそんな状態でした。
原因はサッシ廻りからの雨漏りです。
内部のクロスも捲れあがり、長い年月の間、雨漏りしていたことが伺えます。

鉄骨の下地から交換して、外壁の工事になります。

▶ 鯖江市T社雨漏り調査

鯖江市T社雨漏り調査

築10年の建物です。
10年の間に何度か雨漏りの報告があったようで、幾度と修繕もしていたようです。
「しばらくは雨漏りは止まっていた」
とのことで、当社の施工物件ではありませんので、現場の施工法からの調査になります。
1Fの雨の落ちている柱にはどういうわけか4面に水みちの跡が出来ていまして、依頼者はしきりに雨漏りしている上部の庇を疑っております。
実際に、その庇は何度も修繕されておりまして、屋根上から見た状況では雨漏りを特定できるか所は見つかりませんので、室内の天井を捲っての調査です。
すると原因ははっきりと定まりました。

正確な雨漏り箇所の特定が出来ずに補修を繰り返していたということです。

原因はベランダの水切りの取り付け不良が原因でした。
実際に軽く水をかけるだけで、じゃんじゃん1階に水が落ちてきます。
もちろんこの部分だけではなく、ベランダ全てとなります。

その他の箇所の雨漏り原因にもご理解を頂きまして修繕方法を説明して、見積もりとなります。

庇屋根

庇屋根

▶ 福井市K様邸、雨漏り事例

福井市K様邸、雨漏り事例

雨漏りのご依頼を頂き、現調行って参りました。
既に室内の天井には雨漏りによる染みもあり、その下にはタライが置いてある状態でした。
漏りだした時期を伺い、屋根の状況調査です。
室内の天井も漏水によって痛んでおりましたので、持っている箇所のボードを剥がして、室内からと外から調査します。
お施主様は下地の痛みを気にしておられましたが、下地の状況から今回の雨漏りはまだ最近のものと分かり、特定箇所に水をかけると、水が落ちるのを確認できました。
ボルト止の折板屋根の補強アングルの接続にパッキンが入っていなかったために漏水したことが判明しました。
以前にも雨漏りした様子で、補強アングルのボルト周辺にはコーキングも施されていますが、今期の雪の荷重がアングルにかかりコーキングが切れたようですね。
ボルトの腐食もかなり進んでおりましたので、ボルトパッキンの交換で作業は改めて後日伺い15分ほどで終了です。
とはいうものの、ボルトは至る所に着いていますし、今回のような漏水も時間の問題なので屋根の葺き替えの提案をして、改めて伺うことにします。

▶ 福井市 I様邸

福井市 I様邸

屋根 立平葺き(ガルバリウム鋼板)
外壁 サイディング下地+ジョリパット塗仕上げ
    角波(ガルバリュウム鋼板)
樋  105半丸(一部メタリック調雨樋)

株式会社岩本
〒918-8013 福井市花堂東2丁目1208番地 TEL.0776-35-7678 FAX.0776-63-5178